/

この記事は会員限定です

私の同僚は地方移住

在宅勤務普及 住まい選び、幅広がる

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が増えたのを機に、都市から郊外や地方への移住を考える人が目立つようになってきた。地方にも生活拠点を構えて都会の自宅と行き来するスタイルにも挑みやすくなった。これまでは通勤という壁に阻まれていたが、価値観の変化にテレワークの普及が重なり、住まい選びの幅が広がりつつある。

「同僚との会話でも『沖縄にいても仕事ができるよね』って。以前なら特別扱いだっただろうけれど、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン