私の同僚は地方移住
在宅勤務普及 住まい選び、幅広がる

2020/7/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が増えたのを機に、都市から郊外や地方への移住を考える人が目立つようになってきた。地方にも生活拠点を構えて都会の自宅と行き来するスタイルにも挑みやすくなった。これまでは通勤という壁に阻まれていたが、価値観の変化にテレワークの普及が重なり、住まい選びの幅が広がりつつある。

「同僚との会話でも『沖縄にいても仕事ができるよね』って。以前なら特別扱いだっただろうけれど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]