五輪マラソン代表の前田、スピード強化に手応え 1万メートル・5000メートルで自己新

2020/7/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

北海道で今月4日と8日に行われた陸上のホクレン・ディスタンスチャレンジで、東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)の充実ぶりが目を引いた。5000メートル、1万メートルでともに自己記録を更新。新型コロナウイルスの影響下でも着実に強化に取り組み、本格的な再開となった競技会で早速、好結果を残した。

4日の士別大会は、5000メートルで自己記録を3秒近く縮める15分35秒21。8日の深川大会では1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]