エアアジアCEO「融資250億円確保」 経営不安を否定

2020/7/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シンガポール=谷繭子】マレーシアの大手格安航空会社(LCC)、エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は9日、日本経済新聞とのインタビューで10億リンギ(約250億円)の融資を確保したと明らかにした。新型コロナウイルスによる航空需要の低迷を背景にした経営不安の懸念を否定した。

エアアジアの業績は新型コロナ発生前から悪化していた。19年12月期はインド事業の損失などで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]