フェイスブック 政治リスク軽視のツケ
広告中止400社に迫る 「投稿放置」出口見えず

2020/7/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックの経営が難路に差し掛かっている。黒人差別に抗議する人権保護団体の求めに応じて広告の出稿中止を表明した企業は400社に迫り、1週間で7割近く増えた。焦点となっている投稿の規制についても落としどころが見つからず、政治リスクを軽んじてきたツケが重くのしかかっている。

「あなたは『素早く行動し、破壊せよ』ということばを生んだが、現実には人々を壊している」――。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]