/

(日経xTECH 日経BP専門誌から) ブラウザーの中に偽ブラウザー

[有料会員限定]

あるセキュリティー研究者は3月中旬、新しいフィッシング詐欺の手口を発表した。

フィッシング詐欺とは、個人情報を偽サイトに入力させて盗むネット詐欺である。フィッシング詐欺対策としては、ウェブブラウザーのアドレスバーに表示されているURLを見て、本物かどうかを確認するのが最も有効だ。

ところが、今回発表された手口ではこの対策が通用しない。アドレスバーには正規サイトのURLが表示されているのに、入力し...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン