/

この記事は会員限定です

鉄道網の賢い「縮退」

上級論説委員 西條都夫

[有料会員限定]

4月11日、JR西日本が1日の乗客が2000人に満たないローカル線の収支を公表した。予想されたことではあるが、該当する17路線30区間はすべて赤字。広島と岡山にまたがる芸備線の「東城~備後落合」区間は100円稼ぐのに2万5416円の経費がかかる、といった極めてシビアな数字が並んだ。

沿線の人口減でもともと厳しかったところに、新型コロナウイルス禍が鉄道会社の体力を奪った。突然の発表に廃線のにおいを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1921文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン