/

この記事は会員限定です

北海道・歯舞漁協

恩恵分け合う地域経営

[有料会員限定]

7月になると、北海道・根室半島の東端、歯舞(はぼまい)のコンブ干しの風景を思う。人口約2千人、総世帯数約650のうち65%が漁家という漁村だ。地名の由来は、アイヌ語のアポマイ=流氷・ある・もの(島)。なるほど寒冷な地だが「寒村」ではない。

歯舞漁業協同組合の近年の生産額は約100億円。秋サケ定置網、サンマ棒受け網、カレイ刺網など約30種もの漁が営まれ、漁協自営のホタテ栽培漁業も順調だ。だが歯舞の「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン