/

この記事は会員限定です

ピン・ポン

[有料会員限定]
ピン・ポン 18、19、23~26日、高円寺・座・高円寺電話03・3223・7300。毎年恒例の舞台作品祭「世界をみよう!」。今年は新型コロナウイルスで海外カンパニーを招くのは難しいが、開館当初からのレパートリーを上演。ピンポン球が生きている世界が舞台で、子供と一緒に楽しめる。2500円。
ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート 18日~8月5日、有楽町・帝国劇場。新型コロナウイルスの影響で中止になったミュージカルがコンサート版で復活。本公演のストーリーに沿って上演し、劇中のセリフも生かす。当初公演では2チーム制が予定されていたが、2つのチームが同じ舞台に立つ。1万3500~4500円。
犬人 8月5~16日、初台・新国立劇場中劇場電話03・5352・9999。「イヌビト病」が広まり、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保ちながら暮らす町が舞台。作・演出は長塚圭史。ダンスカンパニー「コンドルズ」主宰の近藤良平が振り付けし、10人のダンサーと共に上演。6600~1650円。
Hakuju New Style Live~心が喜ぶ演結び 新しい出会いの形へ~オール・ベートーヴェン・プログラム 19日午後2時、代々木公園・ハクジュホール。3つの弦楽四重奏団が作曲家の初期から後期までの作品を披露。クァルテット・インテグラが弦楽四重奏曲第5番、チェルカトーレ弦楽四重奏団が第8番(ラズモフスキー第2番)1、2、4楽章、ウェールズ弦楽四重奏団が第15番1、3、4、5楽章を演奏する。5000円。同ホール電話03・5478・8700。
すみだサマーコンサート2020 チャイコフスキー三大協奏曲 23日午後2時、錦糸町・すみだトリフォニーホール。新日本フィルハーモニー交響楽団による特別演奏会。昨年のミュンヘン国際音楽コンクールを制した佐藤晴真(チェロ)が「ロココ風の主題による変奏曲」を独奏。亀井聖矢が「ピアノ協奏曲第1番」、外村理紗が「バイオリン協奏曲」でそれぞれ奏でる。指揮は大友直人。4000円。同楽団電話03・5610・3815。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り0文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン