キーワード特化型AI 特定の目的にのみ対応

2020/7/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

画像認識、自動翻訳、売上高の予測などあらかじめ決まった目的で作業する人工知能(AI)。深層学習の登場などでAIの性能は向上し、囲碁など特定の分野では人間の知能を上回っている。ただ、囲碁用のAIが画像認識などに使えないように、個々のAIにできることは限られる。一方、人間の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]