NAR Exclusive高まる緊張 国境巡り中印両軍が衝突
カシミールが抱く淡い期待

2020/7/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ヒマラヤ山中の国境地帯で6月、中印両軍が衝突して45年ぶりに多数の死者を出した。核保有国同士の戦争になるのではと緊張が走った。両国は(軍司令官らの協議で距離を保ち緩衝地帯を設けるなど)平和的に解決するとの立場を維持している。そんな中、両国の緊張関係に淡い期待を抱いている第三者がいる。インドが実効支配するカシミール地方の住民たちだ。

ここ数週間、カシミール地方の住民らに人気のSNS(交流サイト)上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]