ジャクソン元投手、大麻所持の疑い 広島県警が逮捕

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

広島県警は10日、大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を自宅で所持していたとして、プロ野球の広島で活躍し、今季はロッテに所属していた米国籍の元投手、ジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)=千葉市美浜区打瀬3=を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。「何も話したくありません」と話している。

逮捕容疑…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]