バイデン氏、米製造業強化へ75兆円 雇用500万人創出
大統領選へ支援策

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮】11月の米大統領選で野党・民主党の候補指名を固めたバイデン前副大統領は9日、製造業強化に向けた支援策を発表した。先端技術の研究開発や米国製品購入に4年間で7000億ドル(約75兆円)の公的資金を充て、500万人の雇用創出を目指す。中国の不正な補助金や為替操作にも厳しく対処する姿勢を示した。

バイデン氏は9日、東部ペンシルベニア州の金属加工施設で演説し「中間層の雇用を長期的に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]