再配達 AIで減らす 佐川急便、9月に実証実験

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

SGホールディングス傘下の佐川急便と東京大学大学院などは9日、人工知能(AI)を活用し、再配達の削減を目指す研究を進めると発表した。スマートメーター(次世代電力計)のデータを基に効率的な配送ルートを作成する研究で、2020年9月に神奈川県横須賀市で実証実験する。

同市と東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]