/

この記事は会員限定です

東大発スタートアップ(4) 松尾研のグノシーに続け

起業家の卵、群れて競う

[有料会員限定]

スタートアップが次々と生まれる東京大学の中でも、起業といえばこの研究室というのが通称「松尾研」だ。日本の人工知能(AI)研究の第一人者で東大大学院工学系研究科の松尾豊教授(45)が率いる。遠心力と求心力の絶妙な均衡のなか、次代の起業家が育っている。

第1世代がGunosy(グノシー)創業者の関喜史さん(32)、同じくグノシー創業者で現在はブロックチェーンを使ったサービスを提供するLayerX(東京・中央)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン