契約17万人どまり、底上げ不可欠

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

投資を回収し利益を出すには、契約者の底上げが不可欠だ。5Gの契約者は足元で17万人。2021年3月期の計画(約250万人)の1割にも満たない。24年3月期に5Gスマホの契約者数で2000万人を目指すなか、「端末料金が高い」(吉沢氏)のが課題だ。

5Gスマホは狭い通信エリアも普及のボトルネックとなり、基地局整備も喫緊の課題だ。春先は新型コロナウイルスの感染拡大で基地局の部品調達などに遅れが起きたが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]