THE NIKKEI asian review<寄稿>ユニリーバ化粧品、「色白」削除は不十分で販売中止を フリージャーナリスト チャルケシ・ラマドゥライ氏

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

英蘭ユニリーバは6月下旬、南アジアや東南アジアで人気の美白スキンケアブランド「フェア&ラブリー」の名前から「フェア(色白の)」という言葉を削除すると発表した。しかし販売中止までは踏み込まなかった。これは遅きに失しただけでなく、あまりに不十分な対応のように感じる。

フェア&ラブリーは1975年の立ち上げ以来、毎年5億5千万ドル(約591億円)以上を売り上げる。販促では使用前と使用後の状況を示し、明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]