(新型コロナ 政策を聞く 観光・宿泊)長期債務 返済猶予を 自民・観光産業振興議連幹事 勝俣孝明氏

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本有数の観光地である伊豆や熱海の宿泊施設は新型コロナウイルス発生前は人手不足で観光客を受け入れきれなかった。経営効率化に向け導入したビュッフェを今は「3密」を避けるためやめざるを得ない。訪日外国人に頼っていた一部の旅館は閉業した。

旅館やホテルはバブル期の設備投資で抱えた長期負債の返済負担が重い。現在はコロナの影響で当面の資金繰りすらままならない。

政府が緊急融資しても債務の返済に回れば足元の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]