米上場の中国企業、相次ぐ不祥事 担保の黄金が偽物/資金返済困難に 上場取りやめも

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国に上場する中国企業の不祥事が続いている。貴金属会社では資金調達の担保に差し入れていた黄金がニセ物だったと発覚。ネット金融では資金の返済が難しくなったとして中国の公安当局が捜査に入った。米国が圧力を強めるなか上場を取りやめる企業も相次ぎ、米中の資本市場での断絶が鮮明だ。

「裁判所の許可のもと、担保として保管していた黄金の鑑定を進めて参りました。今後も投資家保護に努めて参ります」7月1日、中国の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]