おでかけスポット板壁民家が密集 レトロさ息づく 回船業で繁栄 新潟・佐渡の宿根木集落

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

北前船の寄港地として発展した新潟県佐渡市の「宿根木集落」。江戸後期から明治初期にかけて回船業で栄え、今も建物や路地に当時の面影が残っている。新型コロナウイルスの影響で臨時休業していた案内所や有料公開の民家は6月20日から、土・日曜日限定で営業を再開した。

佐渡の最南端にある宿根木は小木海岸の入り江に面した小さな集落だ。公式ホームページによると、広さ約1ヘクタールほどの土地に家屋約110棟が密集。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]