銀行、事業会社経営へ 後継難の中小廃業阻止
りそな、来春にもファンド

2020/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

事業の引き受け手がいない中小企業が廃業するのを防ぐため、銀行自ら受け皿ファンドを創設し始めた。金融庁が事業承継なら事業会社への出資規制を解禁したため、買収も視野に入れる。銀行がホテルや町工場、スーパー、ガソリンスタンドなど事業を経営する時代がやってくるかもしれない。

りそなホールディングス(HD)は2021年1月をめどに、投資子会社を設立し、来春にもりそな銀行が100億円を出資してファンドを設立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]