/

この記事は会員限定です

検査装置製造のPSS、全自動PCR機 国内投入

欧州で実績、人手介さず時間短縮

[有料会員限定]

遺伝子検査装置などを製造・販売するプレシジョン・システム・サイエンス(PSS)は、新型コロナウイルスのPCR検査を全自動でこなす装置を国内で販売する。海外企業のOEM(相手先ブランドによる生産)として欧州で同検査の迅速化に実績をあげており、手作業に頼る日本でも普及を目指す。厚生労働省の承認手続きとともに生産・販売体制を整える。

新型コロナのPCR検査は鼻や喉などから採取した検体に試薬を反応させながらウイルスのDNAを抽出し、検出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン