新幹線台車、監視強化へ JR東、異常を検知

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

JR東日本は9日までに、走行している新幹線の台車の振動などに異常があった場合、運転士に知らせるモニタリングシステムを導入すると発表した。2021年秋以降に完成する新幹線車両に搭載し、試験を経て23年春から運用を始める。

新幹線の台車を巡っては、17年にJR西日本の博多発東京行き新幹線…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]