戸隠のそばざる守れ 竹細工職人の後継者不足 組合が講習会「若手の成長うれしい」

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日本三大そばの一つとされる長野市の戸隠そばに欠かせない「そばざる」を作る職人の後継者不足が課題になっている。地元に自生する根曲がり竹を使い、1人の職人が伐採から仕上げまで一貫して行う熟練の技術が求められる。生産組合は講習会やイベントを通じて新たな職人育成に励む。

「大量生産のものと比べて値段は高いが、戸隠のざるはきちんと使えば数十年は持つ」。4代目の職人、原山昭俊さん(60)は胸を張る。竹を平た…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]