温泉地 再出発に泥
九州・中部、コロナ下で豪雨 「これからという時に」

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

記録的な豪雨は九州や中部地方の温泉地にも大きな被害をもたらした。新型コロナウイルスによって休業を余儀なくされ、ようやく営業を再開したばかりの宿泊施設が大規模な浸水に見舞われた。7月下旬の連休や夏季休暇に向けて準備を進めていた関係者は落胆の色を濃くした。(1面参照

大分・天ケ瀬

約20の旅館やホテルが川沿いに立ち並ぶ大分県日田市の天ケ瀬温泉。近くを流れる筑後川の支流、玖珠川が7日午前と8日未明の2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]