/

この記事は会員限定です

国産ニンジン 卸値3倍

7月上旬、生育不良や給食再開で 大雨で野菜全般高値

[有料会員限定]

国産ニンジンが高騰している。東京市場の7月上旬の卸値は前年同期の約3倍。生育不良で供給量が少ないところに学校給食や外食向け需要の再開が重なった。輸入品も農薬の検出問題で一時的に滞り、国産の需要増に拍車がかかった。市場には7月いっぱい高値が続くとの見方が多い。

ニンジンの2018年産の国内出荷量は約40万トン。国産野菜でハクサイに次ぐ8番目の多さで、相場高騰は家庭用、業務用とも影響が大きい。

東京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン