真相深層強まる対中人権監視
米、強制労働抑止へ法整備着々

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国が香港への統制を強める「香港国家安全維持法」を制定したのを受け、米国などは人権監視を強める見通しだ。ウイグル族への弾圧に対しては既に手を打ち始めている。人権監視は中国だけを標的にするものではなく、日本企業も調達先などで対応を問われかねない。

香港国家安全維持法について、欧米各国は香港の高度な自治を認める「一国二制度」を骨抜きにするとみて、中国への批判を強めている。

香港問題契機に

なかでも米国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]