/

この記事は会員限定です

強まる対中人権監視

米、強制労働抑止へ法整備着々

[有料会員限定]

中国が香港への統制を強める「香港国家安全維持法」を制定したのを受け、米国などは人権監視を強める見通しだ。ウイグル族への弾圧に対しては既に手を打ち始めている。人権監視は中国だけを標的にするものではなく、日本企業も調達先などで対応を問われかねない。

香港国家安全維持法について、欧米各国は香港の高度な自治を認める「一国二制度」を骨抜きにするとみて、中国への批判を強めている。

香港問題契機に

なかでも米国は着実に法整備を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン