大機小機FRB「次の一手」に高い壁

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コロナショックを受け、主要中央銀行の金融政策は、物価安定を目指す通常の金融政策から企業・雇用を救済する危機対応へと一気にシフトした。米連邦準備理事会(FRB)が中小企業向け銀行融資の債権を買い取るメインストリート融資制度、日銀による企業等の資金繰り支援策「特別プログラム」が代表例だ。

こうした政策は国民から称賛されることはあっても、非難されることはまずない。日銀は2%の物価目標達成に失敗した、な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]