コロナ引き金、小売り・外食再編序章 拡大戦略限界
消費新常態、対応迫る

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスが小売りや外食企業の再編につながり始めた。緊急事態宣言による外出自粛などで売り上げが落ち込むだけでなく、在宅勤務の定着などで消費スタイルが一変し、これまでの成長戦略が通用しなくなった。小手先のコスト削減ではなく、合従連衡を通じて稼ぐ力を高めることが生き残りに不可欠になっている。(1面参照

コロワイドが子会社化に乗り出した大戸屋ホールディングス。東京都内の店舗の店長は3月、「土…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]