/

この記事は会員限定です

入学時の資金が足りない 「国の教育ローン」検討を

ファイナンシャルプランナー 新美昌也さん

[有料会員限定]

高校3年生の子どもが来春、大学に進学する予定です。奨学金を申し込むつもりですが、入学金や授業料が必要な11月には間に合いません。資金を手当てする方法はありますか。

教育資金は計画的に積み立てて準備するのが理想的です。しかし、どうしても資金が不足する場合は日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」の検討をお勧めします。まとまった額を保護者が借りられるのが特徴です。子ども1人あたり350万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン