迫真終わりなきプーチン体制(3) 保守的体制の「守護者」

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

モスクワ南部の住宅街に、ひときわ高い塀に囲まれた一画がある。門には「第1特別拘置所」との表札が見えた。6月7日午前、初夏の強い日差しが降り注ぐなか「ガチャン」と扉が開く音がすると、あごひげを生やした大柄な男が姿を現した。市警察署前で1人で抗議行動を起こし、逮捕されたジャーナリストのイリヤ・アザールだ。

新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい外出制限が続く5月26日、収監中の人権活動家の解放を求める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]