東京都、「夜の街」個別に休業要請 協力金50万円で調整

2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都は、新型コロナウイルスの感染が拡大するホストクラブやキャバクラなど「夜の繁華街」について、区などが陽性者が出た店舗に対して個別に休業要請をしたうえで、50万円の協力金を支払う方向で調整していることがわかった。

従来のように幅広く休業を求めず、対象を個別店舗に絞ることで経済活動への影響を抑制する。

陽性者が出た接客飲食業の店舗に対しては、区と業界団体が感染防止策の実施具合などを調べたうえで休…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]