/

この記事は会員限定です

みずほリセット100日(1) 発足20年、最後の懸け

[有料会員限定]

5月、東京・大手町のみずほフィナンシャルグループ本社の社長室。社長の木原正裕は少し疲れた表情をにじませ、テレビ会議で全国の有志社員と向き合っていた。

「何を目指しているのかわからない」「変化や摩擦に消極的」「『最近やっていることがおかしい』とお客様に言われた」。木原はうなずいたり顔をしかめたりしながら、社員からの率直な声をかみしめていた。「変えたい。経営陣は本気の本気です」。身を乗り出し画面いっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません