/

この記事は会員限定です

デジタル地域通貨広がる

りそなHD、大阪地域で発行検討 行政・中小のDX起爆剤に

[有料会員限定]

特定の地域で使える「デジタル地域通貨」の発行が全国に広がっている。りそなホールディングス(HD)が大阪地域での発行を検討しているほか、観光に特化した通貨も登場した。スマートフォン決済は事業者がデータを握るのに対し、デジタル地域通貨は地元でデータを活用できる。普及には課題も残るが、地域の中小企業や行政のデジタル化を進める起爆剤となる可能性もある。

デジタル地域通貨は特定の地域内で使用できる電子通貨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません