/

この記事は会員限定です

大量廃棄 世界で深刻に

アパレルに批判高まる

[有料会員限定]

衣料品の大量廃棄が世界で問題になっている。2018年には英バーバリーがブランド価値を守るために1年間で約40億円相当の服や香水を処分していたと報じられた。

日本では少子化で衣料品が売れなくなっても、価格を下げるために大量発注を続けてきた。販売する前から供給過多といういびつな状況だ。セールやアウトレットでも売れない在庫は損失計上し、廃棄処分にされるケースが多い。

中小企業基盤整備機構によると、日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン