/

この記事は会員限定です

中華航空(台湾)

訪日観光再開で期待

[有料会員限定]

30日の台湾株式市場で航空大手の中華航空が上昇した。日本政府が6月10日から再開する外国人観光客の受け入れで、台湾は入国時の検査や入国後の待機期間がない地域に区分された。訪日観光が再開し、旅客需要が増えるとの思惑から買いが入った。

日本政府は台湾を香港などと並んで新型コロナウイルスの流入リスクが最も低い地域と判断した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン