/

この記事は会員限定です

米パランティア上場申請

データ分析のユニコーン、企業価値2兆円

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米国の有力データ分析企業、パランティア・テクノロジーズは6日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請したと発表した。同社は米国を代表するスタートアップ企業の一社で、新型コロナウイルスの流行により冷え込んだIPOの動向を占う試金石となる。

上場申請書類を「秘匿扱い」として提出しており、売上高や利益といった経営情報は開示していない。IPOの時期についても明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン