中印の軍事衝突、パキスタンに利 水力発電計画が進行

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【クエッタ(パキスタン南西部)=アドナン・アーミル】インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方での水力発電プロジェクトを巡り、関係各国の対立が浮き彫りになっている。中国とパキスタンは6月に24億ドル(約2570億円)規模の水力発電事業の契約を結んだ。中印の溝は深まっているが、パキスタンは両大国の緊張をうまく利用している。

同地方での水力発電プロジェクトは中国の広域経済圏構想「一帯一路」の一部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]