インドネシア、イスラム保守派が政権批判 「共産党容認へ法案」大統領選にらみ

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアでイスラム教の保守派が、ジョコ大統領や最大与党が同国で非合法の共産党の復活を容認しようとしているとして、政権への攻撃を強め始めた。世俗色が強い現政権に打撃を与え、2024年の大統領選と総選挙に向けて影響力を強める狙いが透ける。

インドネシア・ウラマー評議会(MUI)やナフダトゥル・ウラマー(NU)など主要なイスラム団体が問題視するのが議員立法の「パンチャシラ法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]