真相深層米企業買収、リスク桁違い
独バイエルは和解に1兆円超 訴訟大型化、懲罰的判断も

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

医薬・農薬大手の独バイエルが2018年に買収した米モンサントの除草剤の発がん性をめぐる訴訟で最大109億ドル(約1兆1600億円)の和解金を支払うと決めた。和解金がここまで膨れ上がった背景には米国の独特の訴訟の仕組みがある。米国でのM&A(合併・買収)に潜むリスクを改めて露呈した。

純利益の2.5倍

「米国の訴訟リスクはやはり日本とは文字通り『桁違い』だ。恐ろしい」。国際M&Aの経験豊富な弁護士ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]