火災保険料6~8%上げ 損保大手4社 災害多発、支払い増

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

損害保険大手4社が2021年1月から住宅向けの火災保険料を全国平均で6~8%程度引き上げる。自然災害が相次ぎ保険金の支払いが増えているためで、高い地域では1割以上、上がる見通し。自然災害の発生が続いており、来年以後も上昇が続く公算が大きい。

東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の大手4社が8月中にも詳細を決める。火災保険は火災だけでなく家屋の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]