日本酒生産、小売り初認可 国税庁、一段の自由化課題

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国税庁は小売店が日本酒の生産に乗り出すことを初めて認めた。東京駅構内でオープンする酒販店に試験製造免許を交付した。日本酒は新規参入を厳しく規制しており、試験製造も大学や研究施設に限ってきた。小売店でもマーケティングなど多様な用途が考えられ、一段の自由化を求める声も出そうだ。

はせがわ酒店(東京・千代田)が8月3日、東京駅構内の商業施設「グランスタ」に酒販店を改装開業する。約1年前から申請していた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]