/

この記事は会員限定です

「軽い運動でも脳は変わる」 筑波大・征矢教授

[有料会員限定]

加齢とともに脳は萎縮して認知機能が低下することが知られている。ただ、残った神経細胞がそれをバックアップ、代償機能が働くことで認知機能を維持できる。これを「認知予備力」といい、脳萎縮がみられても、普段からこの予備力を高めておけば認知症の症状は出ない。征矢教授によれば、「運動が認知予備力を促進する可能性がある」という。

征矢教授はわずか10分の軽い運動でも記憶をつかさどる海馬が刺激されて記憶力が高ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン