所定外給与25%減 コロナ、5月の家計直撃
下げ幅最大、残業など29%短縮

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

雇用情勢の悪化による個人消費への懸念が高まっている。政府が7日発表した5月の統計によると、雇用は残業時間の削減が進み、給与が減る傾向が鮮明となった。消費支出も前年同月比16%減と過去最大の落ち込みを記録。正社員雇用を維持できれば、残業減による働き方改革の進展も期待できるが、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引けば、経済を一段と下押ししかねない。

厚生労働省が7日発表した5月の毎月勤労統計調査(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]