教育改革 危機が促す(中) 「一律・平等」脱却に芽 個に応じた指導 柔軟に

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「入学を9月にするのは無理です」。広島県の私立小「神石インターナショナルスクール」運営法人の末松弥奈子理事長は4月の開校前、教育関係者に聞かされた。学校教育法施行規則が「小学校は4月入学」と一律で決めているからだ。

同校は欧米流の全寮制学校で、大半の授業を英語で実施する。海外の学校との交流促進のため学事暦も9月開始の欧米と合わせることを狙ったが、断念した。

「履修主義」重荷に

今年9月に英国やシン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]