/

この記事は会員限定です

小野薬品、本庶氏の提訴受け「争う方針」

「オプジーボ」特許

[有料会員限定]

小野薬品工業は6日、がん免疫薬「オプジーボ」の特許の対価を巡り、6月に京都大学の本庶佑特別教授から提訴されたことを受け「争っていく方針であり、適切に対応していく」とのコメントを発表した。本庶氏側は特許の分配金など226億円の支払いを求めている。

訴状によると、本庶氏が支払いを求めるのは米メルクが小野薬に支払う特許使用料の一部だ。

2014年以降、メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」がオプジーボの特...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン