米の香港制裁、ITに打撃

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国が制定した「香港国家安全維持法」を受け、米国は軍民両用技術の輸出制限など香港への制裁に踏み切る。中国の景気の先行きの懸念材料になる可能性がある。三菱UFJ銀行の范小晨氏は「米国から香港への輸入は電気機械や通信機器が多い。香港を中継地として活用する中国のハイテク産業に一定の打撃になる」と分析した。

香港ドルの米ドル連動(ペッグ制)には影響がないとの見方が多いものの、大和証券の頼志文氏は「企業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]