局地豪雨、30年で1.4倍 線状降水帯、熊本で発生 予測困難で避難に遅れ

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内外でここ数年、豪雨の被害が深刻になっている。国内では、滝のように降る雨の回数が増えた。熊本県の豪雨でも積乱雲が帯状に連なる「線状降水帯」が発生したとみられ、死者は40人を超えた。地球温暖化との関連を疑う声もあり、対策の見直しを迫られる。(1面参照

防災科学技術研究所によると、熊本県芦北町では4日午前8時までの24時間で425ミリの雨量を観測し「50~100年に1度の大雨」となった。

線状降…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]