中国半導体、2.2兆円調達 昨年の2.2倍
政府系が支援 米に対抗へ国産化加速

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】半導体の国産化をめざす中国企業が資本調達を急拡大している。2020年の調達額は5日時点で約2兆2千億円と、半年で19年通年の約2.2倍となった。支援の主役は政府系ファンドと19年に開設した新しい株式市場だ。中国のハイテク覇権の阻止を狙う米国に対抗し、生き残りを懸けて半導体の自給率向上を急ぐ。(関連記事国際・アジア面に

中国は半導体自給率が10%台半ばにとどまる一方、高いシェアを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]