高島屋、最終赤字205億円 3~5月、店舗休業で特損

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

高島屋が6日発表した2020年3~5月期の連結決算は、最終損益が205億円の赤字だった。前年同期は105億円の黒字。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた4月からの約2カ月の店舗休業で売り上げが激減した。営業再開後も都心部を中心に売り上げは前年を割り込んでおり、業績には不透明感が残る。

四半期ベースでの最終赤字は19年12月~20年2月期(4億1900万円)から2四半期連続となる。営業損益は73億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]